今回のテーマは、70、80代でも楽しめるサッカーを紹介します。

生涯現役?!「新しいサッカー」の形とはいったい…

 

■プレーヤーは、オーバー60 ?!

 柏崎市のシニアサッカーチーム「OKSソレイユ」。

 この日の試合に出場していた選手たちは全員が60歳以上!最年長はなんと88歳です。

 皆さんが楽しんでいるのは「エンジョイサッカー」。

 いくつになってもサッカーを楽しもうと、2年前にチームが独自に作ったプレースタイルなんだそうです。

200925-02.jpg 200925-01.jpg

 

■エンジョイサッカーの魅力とは?

 エンジョイサッカーでは無理に走ったり、選手同士が接触したりするプレーは禁物!

 みんなが「笑顔で帰れるプレー」をする。

 メンバーそれぞれが技術や体調をフォローしあい、全員で楽しむというスタイルを確立しています。

200925-03.jpg 200925-04.jpg

 

■下半身の筋力低下を防ぐことが大切!

 高齢者の健康と運動に詳しい新潟医療福祉大学の佐藤敏郎教授は、「特に60代から下半身の筋力や

 バランス能力が低下する」と指摘します。

200925-05.jpg 200925-06.jpg

200925-07.jpg

 

 上のグラフは年齢別の筋力低下について表しています。

男女ともに低下の幅が大きいのが下半身の筋力で、「転倒によるけが」が心配。

佐藤教授によると、ふらついた時に「とっさの一歩」が出るかが重要だそうです。

その点でエンジョイサッカーはボールを扱うほか、素早さが必要だったり、体をコントロールする必要があったりするので、いい種目だと佐藤教授は指摘します。

200925-08.jpg

 

 同じサッカー好きな仲間と楽しんで、体を動かす― これが何よりも元気の秘訣ですね。

  

【放送内容はこちらから】