気象庁「緊急地震速報」について

BSNテレビ・ラジオでは気象庁が震度5弱以上の地震の発生を予測し、新潟県内で強い揺れ(推定震度4以上)を予測した場合、気象庁緊急地震速報を報知音とともに速報します。

速報の報知音はテレビ・ラジオ共通です。

 

緊急地震速報とは

地震の発生を、大きな揺れが来る前に知らせる"新しい防災情報"です。

地震の初期微動(P波)を感知して震源や地震の規模(マグニチュード)を割り出し、各地の震度を予測。大きな被害を引き起こす主要動(S波)がやってくる前に、危険を知らせます。地震波のスピードの違いを利用したシステムです。

 

緊急地震速報の注意

震源に近い場所では、初期微動(P波)と主要動(S波)がほぼ同時にやってくる為、速報が間に合わないケースがあります。また、地震の初期微動をとらえ、地震の規模や震源を推定しますので、実際に観測された震度との間に"差"が生じる可能性があります。

 

緊急地震速報の利用の心構え

緊急地震速報は、情報を見聞きしてから地震の強い揺れが来るまでの時間が数秒から数十秒しかありません。その短い間に身を守るための行動を取る必要があります。緊急地震速報を見聞きしたときの行動は「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことが基本です。ラジオは音声のみの放送です。例えば、運転中のドライバーの急ブレーキなどによって交通事故が起きる可能性が想定されます。急ブレーキを踏まず、落ち着いて行動して下さい。

 

≫緊急地震速報を見聞きした時は (気象庁ホームページ)