全国ニュース全国ニュース

最終更新 2019年04月16日(火) 23:12

温室効果ガス 国内排出量、4年連続で減少

 環境省は、温室効果ガスの排出量が4年連続で減少したと発表しました。  環境省によりますと、2017年度に国内で排出された二酸化炭素などの温室効果ガスは、前の年度から1.2%減って12億9200万トンとなり、4年連続で減少となりました。太陽光などの再生可能エネルギーの導入拡大や、再稼働した原発などが減少の主な要因と分析しています。

 一方で、エアコンや冷蔵庫などの冷媒に使われ、強力な温室効果がある「代替フロンガス」は増加傾向にあることから、原田環境大臣は「フロンガスの規制など今後も施策の強化が必要」と述べました。(16日14:09)

2019年04月16日(火) 15:10