多くの弟子を抱えるベテラン工芸家:近藤丈千代は、自身の作品に限界を感じ引退を考えていた。弟子たちを守る術はないものか?工房の引継ぎ先を探していた。そこに現れたのは、意外な人物だった...