IT企業の買収劇をめぐり、川岸中央銀行の危機を救った中沢直樹は

その立役者として本店への復帰を果たした。

中沢直樹を待っていたのはある企業の再建という大きな課題だった。