全国ニュース全国ニュース

最終更新 2019年06月13日(木) 23:47

「ポケモンガオーレ」のディスクを複製し販売か

 子どもたちに人気のアーケードゲーム「ポケモンガオーレ」を遊ぶために使うディスクを複製して販売したとして、37歳の男が警視庁に逮捕されました。  著作権法違反の疑いで逮捕されたのは、千葉県銚子市に住む会社員・宇野沢大地容疑者(37)です。去年5月、アーケードゲームの「ポケモンガオーレ」で遊ぶために使うディスクを複製し、フリマアプリで東京・世田谷区に住む男性に販売した疑いがもたれています。

 「ポケモンガオーレ」は、ディスクに印字されたQRコードを読み取り、ポケモンのキャラクター同士を戦わせるゲームです。

 「ゲーム上で捕まえたポケモンは、このようにディスクになって手に入り、次のゲームから使うことができます。ディスクを差し込むと、画面上に手持ちのポケモンが現れます」(記者)

 警視庁によりますと、宇野沢容疑者は人気キャラクターのQRコードをカラーコピーし、別のディスクに貼り付けて複製していて、自宅からは1000点以上のディスクが押収されました。複製されたディスクを1枚400円で数千枚販売し、およそ100万円を売り上げていたということです。

 取り調べに対し宇野沢容疑者は容疑を認め、「ポケモンが大好きで集めていたので、生活費の足しにしようと思った」などと供述しているということです。(13日15:44)

2019年06月13日(木) 17:01