全国ニュース全国ニュース

最終更新 2019年05月17日(金) 21:26

黒柳さん「ユニセフの活動資金増額を」、安倍首相・河野外相に要望

 ユニセフ親善大使を務める黒柳徹子さんは16日、安倍総理らと面会し、ユニセフへのさらなる支援を求めました。  「私が参りましたレバノンというところですけど、450万の人口の所に150万人も難民が来ているようなところで、いくらお金があっても足りないので、そういうこともお願い申し上げた」(ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん)

 ユニセフ親善大使を務める黒柳さんは、自民党の野田聖子議員らユニセフ議員連盟のメンバーと共に、16日、安倍総理や河野外務大臣のもとを訪れ、ユニセフの活動資金の増額などの支援を求めました。日本政府によるユニセフへの拠出額は年々減ってきており、先進国の中での順位も2018年は2017年から一つ落とす見通しです。

 黒柳さんらは「今年は子どもの権利条約の採択30周年だが、未だに世界では苦しんでいる子どもが多い。日本はもっと世界に貢献するべきだ」と訴えました。安倍総理は黒柳さんの長年にわたる活動に対し感謝の言葉を伝え、「できる限り取り組みたい」と述べたということです。(16日21:36)

2019年05月17日(金) 00:31