全国ニュース全国ニュース

最終更新 2019年03月15日(金) 22:39

全人代閉幕、アメリカへの配慮も? 李首相「米中協議の成果に期待」

 中国の国会にあたる全人代=全国人民代表大会は、外国企業の技術を強制的に中国側に移転させることを禁じる法律「外商投資法」を可決し、15日、閉幕しました。米中貿易協議の焦点のひとつ、知的財産権の問題で、アメリカに対し譲歩の姿勢を示す狙いがあるとみられます。  「(貿易)協議が成果を出し、(米中)両国のウィンウィンの関係が実現できることを期待する」(中国 李克強首相)

 また、閉幕式の後に会見した李克強首相は、協議の進展に期待感を示す一方、中国政府による中国企業を通じたスパイ行為については、「中国のやり方ではない。今も、これからもない」と否定しました。(15日17:52)

2019年03月15日(金) 19:44