県内ニュース県内ニュース

最終更新 2018年11月09日(金) 21:00

解体予定の新幹線で災害救助訓練

乗客を助け出すため、進入路を確保しようと奮闘する県警の救助隊員。
本番さながらの救助訓練の舞台となったのは、新幹線です。
使用されたのは2018年8月まで上越新幹線で運行されていた車両で、解体処理する前に有効活用してもらおうと、JRが県警に提案したものです。
訓練は、地震で崖崩れが発生し、緊急停止した車内で、重病人が発生したという想定で行われました。
2重強化ガラスの窓を割り、手早く進入ルートを確保したあと、速やかに重病人を運び出します。
連携を強めるため、新潟県警など8都県から災害救助にあたる広域緊急援助隊の隊員ら、およそ120人が参加しました。
県内では、2004年10月に発生した中越地震の際、上越新幹線が脱線する事故が発生しています。
爆発物など不審物が見つかった場合の対応訓練も行われ、実際の車両を使った本番さながらの訓練に隊員たちは真剣な表情で挑んでいました。

BSN: 2018年11月09日(金) 18:19

2018/11/09 車両を切断、新幹線での救出手順確認
2018/11/09 労基署決定取り消し、男性は過労自殺
2018/11/09 解体予定の新幹線で災害救助訓練
2018/11/09 お正月へ 鏡餅出発式
2018/11/09 上越市 園児がパレードで火の用心
2018/11/09 新潟地銀3行中間決算 そろって減益
2018/11/09 新潟県内唯一のトランポリン専門施設
2018/11/09 万代島活性化へ 官民がアイデア
2018/11/09 新潟県内は5大学が活用の方針
2018/11/09 立民県連、統一選候補12日から公募
2018/11/09 雪国の暮らし向上探る
2018/11/09 サウンドテーブルテニス大会 新潟市で開催
2018/11/09 秋の火災予防運動