オミクロン株 第6波懸念...独自の警報基準変えず運用 早めの発令を

(BSN NEWS 11月30日(火)放送)

新たな変異ウイルス=オミクロン株の感染者が国内でも初めて確認されるなど、第6波が懸念される中、県は30日、独自の警報基準について当面は現在の基準を変えずに運用し、早めの発令で感染拡大を抑えることを確認しました。

新型コロナウイルス感染症 特別ページに戻る