感染状況のレベル 県独自に4段階

(BSN NEWS「ゆうなび」5月26日(火)放送)

県の専門家会議は、感染の第2波に備えるため感染状況のレベルに応じて「注意報」や「警報」など4段階に分けた県独自の基準を定める方針です。

新型コロナウイルス感染症 特別ページに戻る