12月8日(日)

柏崎アクアパークでフィギュアスケートの試合がありましたshine

 

 

小学校低学年から中学校3年生が参加する近県大会です。

 

小学生・中学生の試合といえども、そのルール・点数の出し方は、基本的にはシニアの大会と一緒です。

 

演技に点数をつけるため、審査員達には色々な役割があります。

 

その中でも、私は「テクニカルスペシャリスト」としてお手伝いをさせていただきました。

 

shinkai skate2.jpg

 

このテクニカルスペシャリスト、どんなことをするのかといいますと・・・

 

ジャンプの判定

何回転の何ジャンプをとんだのか

回転が不足していないか

踏み切りのエッジが正確か

 

スピンの判定

何スピンをしたのか

レベルベースからレベル4までの五段階のどれに該当するのか

 

ステップの判定

ステップとして成り立っているか

スピンと同じように、5段階のどのレベルに該当するのか

 

などをみます。

 

プログラム全体の評価ではなく、要素ひとつひとつを正確に判定するのが「テクニカルスペシャリスト」の役割です。

 

この判定によって要素の基本的な点数が決まります。

 

その次に別の審査員(ジャッジ)が要素に加点をしたり減点をしたりします。

 

そして、ジャッジはプログラムの演技・構成など全体の評価もします。

 

こうして書いてみると、フィギュアの点数の出し方は複雑だなぁと、つくづく思います。

 

 

この点数、順位をつけるために出すのはもちろんですが、審査員から選手へのメッセージでもあります。

 

選手達は細かく出された点数から、自分の演技の良い点・悪い点を知ることができます。

 

この点数は次の演技へのステップになります。

 

今回も、成長した選手達の演技を見られて本当に幸せでした。

 

shinkai skate1.jpg

 

ちびっこスケーターたち、とにかく本当に可愛らしいんですconfident

 

テレビで見る国際大会や全日本も素晴らしいですが、私は地元で頑張るちびっこスケーターの演技を見るのが大好きですsign01

 

また来年、どんな演技が見られるのか楽しみですhappy01