月曜深夜再放送「下町ロケット」

この秋ついに「下町ロケット」待望の続編がスタート!
そこで、あの感動をもう一度!2015年秋の放送で好評を博した前作を月曜深夜に放送します!


【出演】土屋太鳳、立川談春、安田顕、真矢ミキ、恵俊彰、吉川晃司、杉良太郎ほか
(以下、ガウディ計画編)小泉孝太郎、竹内涼真、高島彩、世良公則、今田耕司


挫折、重圧、苦悩、希望、夢・・・
研究所を追われ、父親が遺した下町の工場に戻ってきてもなお
男には捨てきれない夢があった・・・

生きるうえで必要なこととは?働くことの意義とは?
幾多の困難を乗り越えながら、絶対に夢を諦めなかった男と、社員のプライドが紡ぎだす未来とは!?
すべての働く人たちにお送りする、感動のエンターテインメント巨編!


放送予定日時(全10話)
話数 日時 あらすじ
第1話 9/3(月)
夜11時56分~
元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場で経営者として第二の人生を送っている佃製作所の社長・佃航平(阿部寛)は、取引先から突然取引を中止され経営難に陥る。そんな中、大企業・帝国重工から佃製作所の持つ特許を買い取りたいとの話が持ち上がる。
第2話 9/10(月)
深夜1時~
一度は会社を手放す覚悟をした佃(阿部寛)だったが、しかし、殿村(立川談春)の必死な想いを聞いた佃は真っ向から戦うことを決意。そんな中、大企業・帝国重工の財前(吉川晃司)らが現れ、意外な提案を口にする。
第3話 9/17(月)
深夜1時~
ナカシマ工業との訴訟において事実上の勝利を手に入れた佃製作所。多額の和解金も入り、そのうえ帝国重工に特許を譲ればさらに20億もの大金が入ってくるとあって、社内は大いに盛り上がるが、ひとり佃(阿部寛)だけは別の可能性を探っていた。
第4話 9/24(月)
深夜1時15分~
帝国重工への部品供給のテストが決まると、社員たちからは口々に不満の声が。そんな中、佃(阿部寛)のもとに宇宙科学開発機構の同期・三上(吉見一豊)から連絡が入る。
第5話 10/1(月)
深夜1時15分~
いよいよ最終テストの燃焼試験を残すのみとなった佃製作所。だが実験で、異常数値を示したバルブに問題があると帝国重工側から指摘され、佃(阿部寛)は泊り込みで原因究明にあたる。
第6話 10/8(月)
深夜1時15分~
(ガウディ計画編)
ロケット打ち上げ成功から3年。佃製作所に新規取引の依頼が舞い込む。それは、動作保証90日の小さなバタフライバルブの試作を開発するというものだった。そんな中、帝国重工の関連企業懇親会に参加した佃(阿部寛)は、財前(吉川晃司)と再会を果たす。
第7話 10/15(月)
深夜1時~
深夜1時15分~に変更の可能性あり
新型人工弁「ガウディ」の開発に挑戦することになった佃製作所だが、失敗が続いてしまう。一方、椎名(小泉孝太郎)は貴船(世良公則)に人工弁への参入を促す。
第8話 10/22(月)
深夜1時~
帝国重工のコンペまであと3週間となったある日、富山(新井浩文)から燃焼試験の日取りを1週間早めてほしいと佃(阿部寛)に連絡が入る。佃は猛然と抗議するが日程を戻すことができず短縮されたスケジュールでコンペに臨むことに...。
第9話 10/29(月)
深夜1時~
人工心臓に続き、ロケットエンジンのバルブ供給までもサヤマ製作所に横取りされ、佃製作所は岐路に立たされる。そんなある日、咲間(高島彩)という女性が現れる。
最終話 11/5(月)
深夜1時~
ガウディの完成を待つ聖人(庵原匠悟)の容体が芳しくないと連絡が入る。一方、コアハートの実験データを入手した咲間(高島彩)は、その分析を佃(阿部寛)らに依頼する。しかし、その数日後、佃は自社の計測機器だけではデータ偽装の真偽までは突き止められなかったと山崎(安田顕)、埜村(阿部進之介)から報告を受ける。それを聞いた佃は、財前部長(吉川晃司)へ連絡を取り、あることを頼み込む。その頼みとは!?

放送予定日時は、変更になる場合があります。


近藤アナ&黒崎アナ1

 

近藤アナ&黒崎アナ3

 

近藤アナ1

近藤アナのコメント1

↑近藤アナにカーソルを置くとコメントが替わります。

 

近藤アナ&黒崎アナ4

 

黒崎アナ3

近藤アナのコメント1

↑黒崎アナにカーソルを置くとコメントが替わります。

 

近藤アナ&黒崎アナ2

 

「新シリーズ」「再放送」ともに、是非ご覧ください!