番組イメージ

 まずは、白くないお米を探しに、新発田のお米屋さんへ。

hl_20111202_a.jpg

 今や、だいぶ知られるようになった古米「赤米」です。

赤いお米!

hl_20111202_b.jpg

 そして、なんと紫のお米、「紫米」!

これは、旧紫雲寺町でとれたことから名づけられました。

紫雲寺の頭文字をとって「紫」ということ。

しかし、見た目も紫に近い色をしてますよね~。

hl_20111202_c.jpg

 どちらもモッチモチで、美味しいですよ。

味は白米とほとんど変わりません。

hl_20111202_d.jpg

 

こちらには、「お米マイスター」というお米にとっても詳しい方がいて、

どんな要望にも応えてくれます。

お店に並んでいるお米は全てお米マイスターが試食していて、

「確かな」品しか販売されていません。

ぜひ、「赤米」と「紫米」お試しあれ!

hl_20111202_e.jpg

三糧米穀店
新発田市城北町3-3-13
TEL:0254-23-5670

hl_map111202_a.jpg 

 

 

 続いては、こげ茶色ではなく、白い色をしているココアを探しに、

超人気のイタリアンレストラン、ノラ・クチーナへ。

hl_20111202_f.jpg 

 その「白ココア」、今かなり注目されていて、そこに目をつけた

ノラ・クチーナのオーナーさんが、料理に使い始めたのです。

 

ノラ・クチーナの敷地内に新しくできた洋菓子店「3時のおやつ べつばら」で

期間限定クリスマスケーキとして登場しました!!

hl_20111202_g.jpg

 名前が素敵!

「新潟(ココ)から始まる恋の予感」という名のケーキです。

中にムースが入っていて、白ココアとクリームチーズ、そして生クリームの

絶妙なハーモニーが楽しめます。

hl_20111202_h.jpg

 限定ケーキですので、ご予約はお早めに★ hl_20111202_k.jpg3時のおやつ べつばら
新潟市北区葛塚3223-2
TEL:025-278-8788 

hl_map111202_b.jpg

 

 更に、白ココアを使った簡単スイーツレシピも紹介しました!

30分あれば作れます。

ぜひ、親子で楽しく作ってみてください!

hl_20111202_i.jpg

◇白ココアを使った簡単雪うさぎケーキ (レシピ考案:3時のおやつ べつばら)

<材料>・・・マフィンカップ8個分hl_20111202_j.jpg
(スポンジ生地)
★卵白 3個分
★砂糖 60g
○卵黄 3個分
○砂糖 15g
薄力粉 65g
ネスレ ココアドール 白ココア 10g
(飾り用)
粉砂糖、チョコレート

<作り方>
① 卵黄をよくときほぐし、砂糖15グラムを加え、白っぽくなるまでよくすりまぜます。
② 卵白をハンドミキサーでよく泡立て、砂糖を3回に分けて加え、そのつど角がピンと立つまでよく泡立てます。
③ ①の中に、②のメレンゲを3回に分けて加え、さっくりと合わせます。
④ 薄力粉と白ココアを一緒にふるいながら③に加え、さっくりとまぜあわせ粉っぽさがなくなったら、まぜるのをやめます。
⑤ スプーンを使って、カップの中へ8分目くらい生地を入れます。
⑥ 耳は、スプーンで生地を少量とり、オーブンペーパーを敷いた鉄板の上へ、細長くおきます。粉砂糖を軽くふります。
⑦ 180度にあたためておいたオーブンでカップは15分くらい、耳は10分くらい焼きます。
⑧ 焼きあがったら冷まします。
⑨ 体に当たるカップの表面に、耳をさす部分として、少し切り込みを入れます。
⑩ 切り込みに耳をさしこみ、粉砂糖をふりかけ、白く仕上げます。
⑪ チョコレートやチョコペンなどで目や口、鼻を飾って出来上がり!!

ページの先頭へ戻る