番組イメージ

今日は、人事異動に関する言葉について勉強しましょう。 人事異動で誰かが職場を去る際、 「いなくなると寂しい」と言う場合、 新潟弁では「いのなっとさびぃーし」となりますし、 「いなくなると大変です」と言う場合、 新潟弁では「いのなっと騒ぎら」となりますし、 「いなくなってよかった」と言う場合、 新潟弁では「いのなっていかった」となります。 また、長年、人事異動の対象にならず、 同じ部署に長くいる事を...

ポッドキャストは携帯ではサービスしていません。パソコンでお楽しみ下さい。...

今日は着物に関する言葉について勉強しましょう。 まず、新潟では「着物」の事を「着もん」と発音します。 「浴衣」は、 「浴衣」の「か」にアクセントを置いて「浴衣」と発音します。 「帯をきつく締める」と言う場合は、 新潟弁ですと「帯がっとに締める」という言い方をします。 また、「帯がきつい」と言う場合は、「帯がきっつぇ」と言います。 (近藤アナより注意) 尚、このコーナーで紹介している言葉は、 主に...

今日は、金品の貸し借りに関する言葉について勉強しましょう。 まず、人にお金や物を貸す場合、 新潟弁では「貸す」ではなく「貸せる」という言葉が使われ、 「これをあなたに貸します」と言う場合は、 「これおめさんに貸せる」という言い方になります。 これに対して、貸したお金や物を返す場合、 新潟弁では「返す」ではなく「なす」という言葉が使われます。 万が一、借りたものを紛失したり、壊してしまったりして、 ...

今日は故障に関する言葉について勉強しましょう。 まず、新潟弁では、「壊す」という意味で、 「ぼっこす」という動詞が使われます。 このため、「車を壊す」と言う場合、 新潟弁では「車ぼっこす」という言い方になります。 また、「壊す」ではなく「壊れる」という意味ですと、 「ぼっこす」ではなく、「ぼっこれる」という言葉が使われ、 電気製品や機械の機能に異常が見られた場合のみ、 「もうぐれる」という動詞もし...