番組イメージ

今日は、金銭欲に関する言葉について勉強しましょう。 まず、新潟弁では、お金の事を「ぜん」と言います。 従って、新潟弁で「お金を沢山もらった」と言う場合は、 「ぜんいっぺこともろた」という言い方になります。 また、「欲張りな人」の事を、新潟弁では「欲たかり」と言います。 さらに、自分より沢山お金を持っている人がいると、 「うらやましい」と思うのが人間の性ですが、 新潟弁で「うらやま...

今日は、なくしものをした際の表現について勉強しましょう。 まず、何かを紛失した際には、 「なくなる」という意味で「みぃのなる」、 「なくす」を意味する「みぃのする」という言葉を使います。 同様に、物ではなく、人の姿が見えなくなった場合は、 新潟弁では「いのなる」という言い方をします。 (近藤アナより注意) 尚、このコーナーで紹介している言葉は、 主に新潟市とその周辺で使われている方言ですが、 そ...

今日は、温度の低い状態を表す言葉について勉強しましょう。 まず、気温が低く寒い時、新潟弁では「さぁめ」と言います。 「め」を伸ばして「さめぇ」と言うのではなく、 「さ」を伸ばして「さぁめ」と発音するのがポイントです。 そして、風邪を引いた時も含めて、 寒気を感じる時、ぞくぞくする時には、 「ざわざわする」という言葉も使用されます。 また、何かを触って、冷たいと感じた時、 新潟弁では「ひゃっけ」ある...

今日は、道路の凍結に関する言葉について勉強しましょう。 新潟弁では、道路が凍結して滑りやすい状態の時、 「キョロンキョロンとしてる」とか 「テロンテロンとしてる」などという表現を使います。 尚、新潟では、滑る事を「すべくる」と言う地域があります。 併せて覚えておきましょう。 (近藤アナより注意) 尚、このコーナーで紹介している言葉は、 主に新潟市とその周辺で使われている方言ですが、 それでも、世...