番組イメージ

前回は色を表す言葉について勉強しました。 今回は、「くうれ」と「くうれ」の違いについて勉強しましょう。 新潟弁では「黒い」と言う場合、「くうれ」と言います。 ただ、ここで注意して欲しい事があります。アクセントの位置です。 「黒い」を意味する「くぅれ」は、 しっかり「れ」にアクセントを置いて「くぅれ」と発音しましょう。 「れ」にアクセントを置かずに「くぅれ」と平らに発音すると、 「暗い」という意味に...

紅葉の時期を迎えました。 そこで、今回は、色を表現する言葉について勉強しましょう。 色を表現する言葉の中には、 いわゆる共通語と新潟弁で発音の違うものがいくつかあります。 新潟弁では、「黄色い」と言う場合は「きいれ」と発音し、 「赤い」と言う場合は「ああけ」と発音します。 同様に、「白い」という場合は「しいれ」と発音し、 「真っ白な」と言う際は「まっしれ」と発音します。 併せて覚えておきましょう。...

今回は「ばらこくたい」という言葉ついて勉強しましょう。 新潟弁には、滅茶苦茶な状態、散らかった状態を表す言葉で、 「ばらこくたい」という言葉があります。 ですから、例えば部屋を散らかった状態を見た時は、 「どぉー、ばらこくたいにして」などと言えばいいですし、 自分の部屋が散らかっている事を嘆いて言う場合は、 「俺の部屋ばらこくたいらて」などと言います。 また、「ばらこくたい」のニュアンスがさらに強...

本日の新潟弁アワーは佐渡市新穂にあります 「トキの村・元気館コミュニティーホール」からの公開放送特別編。 ポッドキャストはお休みを頂きます。 文章のみでお楽しみ下さい。 来週も「今日も新潟弁でナイスデイ!」を よろしくお願い致します。 ------------------------------------------------------------------- 今回は、農業に関する言葉につ...

前回は入浴の際に使われる言葉について勉強しました。 今回は湯加減に関する言葉について勉強しましょう。 まず、「お湯が熱い」と言う場合、 新潟弁では「お湯があっちぇ」と発音します。 そして、「お湯がぬるい」と言う場合は、 新潟弁では「お湯がぬうれ」と発音します。 また、お湯が冷めて、「お湯が冷たい」と言う時は、 新潟弁では「お湯がひゃっけ」とか「お湯がひゃっこい」と言います。 尚、お湯をまんべんなく...