番組イメージ

今回は、「なじら」の使い方について勉強しましょう。 新潟弁には「なじら」という言葉があります。 これは新潟弁でも基本の基本とも言える大切な言葉です。 直訳すると「いかがですか」「どうですか」という意味の言葉です。 ですから、何かを勧める時にも使われ、 「お茶でもいかがですか」と言う場合は「お茶でもなじら」と言い、 「医者に行ったらいかがですか」と、医者に行く事を勧める時は、 「医者行ったらなじら」...

今日は、「しかも」という言葉について勉強しましょう。 共通語には「かなり」という単語があります。 これは程度を表す言葉の一種で、 「かなり大きい」とか「かなり暑い」などといった使われ方をします。 ところで、新潟弁の中にも、これに該当する単語があります。 それが「しかも」という単語です。 「か」をつけて「しかもか」という言い方をしても意味は同じで、頻繁に使われます。 「しかもかでっけ」(かなり大きい...

今日は笑いに関する言葉について勉強しましょう。 まず、「笑顔」と言う場合、新潟の人は「いがお」と発音します。 笑みを浮かべている状態を表現する際、 一般的には「ニコニコしている」などと言いますが、 新潟弁では「にっこにことしてる」という言い方をします。 「ニヤニヤしている」というような意味で、 中には「にこらはんにゃめく」という言い方をする人もいるようです。 また、「ゲラゲラ笑う」と言う場合、 新...

今日は、ごきげんアワーで近藤さんがお休みです。 そこで、今回は、いつもいる人がいない時に使われる言葉について勉強しましょう。 まず、「いなくなる」と言う場合、新潟弁では「いのなる」と発音します。 そして、「いなくなると寂しい」と言う場合、新潟弁では「いのなっとさびーし」と言います。 また、「いなくなると大変だ」と言う場合は、新潟弁では「いのなっと騒ぎら」と言います。 逆に、「いなくなってよかった」...

本日の新潟弁アワーはアピタ新潟西店からの公開放送特別編。 ポッドキャストはお休みを頂きます。 文章のみでお楽しみ下さい。 来週も「今日も新潟弁でナイスデイ!」を よろしくお願い致します。 --------------------------------------------------------------------------------- 今日は、「くゎ」の発音について勉強しましょう。 ...