全国ニュース全国ニュース

最終更新 2017年12月08日(金) 20:49

木造船漂着、秋田でも2人の遺体と2隻が見つかる

 日本海側の海岸で北朝鮮から来たとみられる木造船の漂着や身元不明の遺体の発見が相次いでいます。7日は新たに秋田県でも2人の遺体と木造船2隻が見つかりました。  7日午前8時半ごろ、秋田県男鹿市野石の海岸で近くに住む人が1人の遺体を発見し、駆けつけた警察官がおよそ300メートル離れた海岸でさらに1人の遺体を見つけました。ともに一部が白骨化していて、男性であることは分かりましたが、死因や国籍は判明していません。

 男鹿市内では7日午前7時ごろ、遺体の発見場所からおよそ10キロ南の五里合漁港付近で、ハングルや数字の書かれた木造船が漂着しているのが見つかっています。また、北隣の三種町の海岸でも午前9時半ごろ、国籍不明の木造船が漂着しているのが見つかりました。

 警察は、船が北朝鮮から来た可能性があるとみて詳しく調べています。(08日05:20)

2017年12月08日(金) 07:24