全国ニュース全国ニュース

最終更新 2017年12月08日(金) 20:49

飼育員がカバに手をかまれ大けが、餌やり体験補助中

 仙台市の八木山動物公園で今月5日、カバの餌やり体験の補助をしていた女性飼育員が左手をかまれ、大けがをしました。  今月5日、仙台市の八木山動物公園で、来園者向けのカバの餌やり体験の補助をしていた30代の女性飼育員がカバに左手をかまれました。女性飼育員はカバの歯が左手を貫通して神経を損傷する全治1か月の大けがをしました。

 女性飼育員は1人で餌やりの補助を担当していて、餌をやる子どもに注意を促そうとカバから目を離した際に前歯でかまれたということです。

 「お客様にも迷惑かけましたし、職員にも安全管理という部分で申し訳なかった」(八木山動物公園 大内利勝園長)

 動物公園では当面の間、餌やり体験を休止し、体験の手順を見直すことにしています。(08日04:06)

2017年12月08日(金) 05:36