全国ニュース全国ニュース

最終更新 2017年03月21日(火) 23:39

定員大幅超過の認定こども園、「遅刻で罰金1万円」の不当契約か

 定員を大幅に超える園児を受け入れていた兵庫県姫路市の認定こども園が、「遅刻で罰金1万円」などとする不当な雇用契約を保育士と交わしていたことがわかりました。  姫路市の認定こども園「わんずまざー保育園」では、定員46人を超える22人の園児を市に隠して私的に受け入れていた上、わずかな給食しか与えずに、暖房をつけないなど、ずさんな保育の実態が明らかになっています。さらに保育士との契約をめぐっても、遅刻や欠勤をすれば罰金や無給で働くなど、正規の雇用契約とは異なる「裏契約」を交わしていたことが保育士への取材でわかりました。

 「15分前に来ていないと遅刻扱いで罰金がある」(現役の保育士)
Q.罰金はいくら?
 「1万円です」(現役の保育士)

 園には2015年以降、年間およそ5000万円の運営費が支給されていて、市は不当に人件費を減らすなど、労働基準法に違反していた疑いもあるとみて調べています。(21日11:40)

2017年03月21日(火) 12:10