「糸魚川大火義援金」ご報告

新潟放送・新潟日報社

糸魚川大火義援金 ご報告

 

新潟放送と新潟日報社が共同で呼びかけた「糸魚川大火義援金」に、たくさんのご協力をいただき、誠に有難うございました。

2017年1月31日で義援金の受付を終了いたしました。

受付期間:2016年12月27日~2017年1月31日
義援金総額は、以下の通りです。
 

総額 1,707万1,908円

(新潟放送と新潟日報社はそれぞれ200万円、計400万円を拠出しました。)

 

itoigawa_20170207_phot.jpg

新潟県共同募金会にて目録贈呈(2017年2月7日)
新潟日報社 小田敏三社長(左)・新潟県共同募金会 渡邊広吉副会長(中)・新潟放送 竹石松次社長(右)

 

小田社長・竹石社長は、「新聞やテレビで家を失った人たちの姿を見て、心を痛め、義援金を寄せてくれた人たちが多かった。糸魚川の再生に役立てて頂きたい。」と話しました。
新潟県共同募金会の渡邊広吉 副会長は「短い期間で多額の義援金を寄せて頂き、感謝したい。」と述べました。
 
お預かりした義援金は、新潟県共同募金会を通じ、被災地に贈られます。
ご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。